くらわんかネットぶらり北河内



酬恩庵一休寺の沿革

当時の元の名は妙勝寺であって、鎌倉時代、南浦紹明が中国の


虚堂和尚に禅を学び、帰朝後禅の道場をここに建てたのが始め


である。然るにその後、元弘の戦火にかかり復興もならずいたものを、


六代の法孫に当る一休禅師が(1455〜1456年)、宗祖の遺風


を慕って堂宇を再興し、師恩にむくいる意味で、「酬恩庵」と命名した。 禅師はここで後半の生涯を送り81才で大徳寺住職となった時も


この寺から通われたのであり、(1481年)11月21日88才の高齢 を以て当寺において示寂され遺骨は当所に葬られたのである。


このように禅師が晩年を過ごされたことにより、「一休寺」の通称で 知られるに至ったのである。



建物等の紹介

「本堂」「方丈」「一休禅師木像」「頂相」


「虎丘庭園」「方丈庭園」「庫裏・唐門・東司」「御廟所」


「墓地」「宝物殿」などの歴史的に有名な建物や書物


 などが多くみられます。




本堂(重要文化財)

永享年間(1429〜1440年)足利6代将軍義教の帰依


により建立せられたもので、入母屋造り檜皮葺で、内部には


釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩を祀り、山城・大和の唐様仏殿


としては一番古い貴構の建造物である。




くらわんかホームページへ